歯科恐怖症でも安心な東京日本橋の歯医者さん

東京日本橋の歯科医院 |北川デンタルオフィス

 03-3272-7877

月曜~金曜 9:30~18:00/月2回土曜日 9:30~17:00

〒103-0027 東京都中央区日本橋2丁目2-8−7F 東京風月堂日本橋ビル

歯科恐怖症

舌の正しい位置はどこですか?

あなたの舌はどこにありますか?

デスクワークをしている時、お料理をしている時、スマホを見ている時、あなたの舌はどこにありますか?舌がどこにあるのかを気にしたことはある人は少ないと思いますが実は舌の位置は私たちの健康にとても重要な意味を持っています。今回は舌の位置が身体に及ぼす影響について紹介します。

正しい舌の位置

食事や会話をしていない時「舌の安静位」という=正しい位置は上顎にくっついています。では、どうして上顎にくっついているのか?くっついていないと何がいけないのでしょうか?

舌の位置が正常でない場合に起きること

口呼吸

舌が上顎にくっつくと自然と鼻呼吸になり、気道が広がり空気の取り込み量が増えます。
舌が上顎にくっついたまま口呼吸は普通出来ません。ぜひ、一度試してみてください。
舌が下顎の歯の裏側にいることを低位舌といいます。多くの場合、低位舌は口呼吸になります。人間は鼻で呼吸をするように作られています。口は食べ物を取りこむ消化器官が本来の役目で、呼吸をする器官ではありません。鼻には自然のフィルターがあり、空気中のウイルスや埃を直接体内に入らないよう、また吸気を湿潤させるように出来ています。口呼吸は一切のフィルターがなく、喉に乾燥した空気が直撃します。
ウイルスや埃が喉の扁桃腺に当たりますので扁桃腺が腫れて風邪を引きやすくなります。

口呼吸の弊害その① 虫歯・歯周病

お口が乾燥することにより虫歯や歯周病、口臭の原因になります。歯の表面は常に唾液で潤っているのが正常です。歯が乾燥すると歯垢が付きやすくなり、虫歯や歯周病が発生、進行しやすくなります。

口呼吸の弊害その② お口周りの筋肉の弛緩

お口がぽかんと開いているのは見た目にも凛々しいとは言えませんが口周りの筋肉が緩んだままの状態はお顔も口元もボーっとした印象になります。唇も乾燥してヒビが入っています。慢性鼻炎や花粉症などで、口呼吸になる場合もありますが、口呼吸が先でも舌は低位になります。

歯並びが悪くなる

成長発育中のお子さんの場合は、舌が上顎にくっつくことで上顎を押し広げる力が働きます。これは歯列を横方向に広げることになります。低位舌の場合は上顎を押し広げる力が働かないため歯列は狭くなります。(狭窄歯列弓)歯列弓そのものが狭いため、歯が並びきらず重なり合ったガチャガチャの歯並び(叢生)になります。また、舌が下顎にあるために上顎ではなく下顎を押し広げてすきっ歯(空隙歯列弓)や受け口(反対咬合)の原因にもなります。

異常嚥下癖

舌を無意識で飲み込む時(嚥下)に。舌が前歯を押すことにより、上顎前突(出っ歯)や開咬(前歯が噛み合わない)の原因になります。幼少期は乳首を吸って母乳を得ますがこの時は歯もなく、舌を乳首に絡めて吸います。成長とともに自然と消失しますが、これが残ってしまうと飲み込むたびに舌が前に出るため開咬の原因になります。

舌突出癖

顎が緊張すると、こわばったり噛み締めたりします。
この時に舌は前歯を押し出すように前歯に押し付けたりします。
前歯は舌と口輪筋の均衡の中にいるので、バランスが崩れると出っ歯になります。これは成長発育の過程にあるお子さんはもちろんですが、大人でも歯列不正の原因になります。

発音障害

舌がうまく動かせない場合はタ行、ナ行など、上顎(口蓋)に舌をつける発音がうまくできません。

食べるときのくちゃくちゃ音

舌の使い方がうまくいかない場合は、舌を丸めて食べ物の形を整えたり、口蓋に食べ物を押し付けて、潰して食べることができないので、クチャクチャ音がします。

むせやすい

低位舌が続くと舌の筋力が弱くうまく使えないため、舌を口蓋につけて飲み込むという摂食嚥下が苦手で、食道に上手に食塊を送り込めず、むせやすくなります。

姿勢の悪さ

猫背、巻き肩などうつむき加減の姿勢は口呼吸になりやすいといえます。猫背姿勢だと、俯きますよね、つまり頭が前に傾きます。下顎は頭にぶら下がった状態なので、重力に引かれます。
自分では、力を入れているつもりはなくても顎、首、肩周りの筋肉は不必要な緊張を強いられます。
舌は筋膜で胸やお腹、腸腰筋とつながっているため、姿勢の悪さから口呼吸に繋がりますし逆もあります。

まとめ

舌を上顎につけることは無意識で行われるため、出来てない人に意識をして練習してもらうのは簡単ではありませんが。幼少期に身につけた無意識の癖を治すのは矯正医での本格的なトレーニングが必要です。鼻炎による口呼吸や姿勢の悪さが原因の場合はそれに合わせた治療やトレーニングが必要です。大人は口を開けていても、姿勢が悪くても注意されることが少なく、姿勢などは老化で済ませてしまう傾向があります。お年を召されても立派な姿勢の方はいらっしゃいます。日々の積み重ねが健康を維持するのだと思います。

お気軽にご相談ください。

北川デンタルオフィスでは、歯の悩みを抱えている人々が最後にかかる歯医者を目指しております。精度の高い技術と1回の診察に最低60分のそれぞれのお悩みを解決するオーダーメイドの治療プランで満足度の高い治療を行います。


院長の歯科恐怖症への取り組みの動画をアップしました。当院にご来院の方の大半は、歯科恐怖症の方です。

■料金の目安

■初診(60分)
簡易診査、写真撮影(必要に応じてX線撮影)、カウンセリング :15,000円(税別)

■歯科ドック  :25,000円(税別)
■応急処置 :3,000円~(税別)

-歯科恐怖症

Copyright© 東京日本橋の歯科医院 |北川デンタルオフィス , 2022 All Rights Reserved.