歯科恐怖症でも安心な東京日本橋の歯医者さん

東京日本橋の歯科医院 |北川デンタルオフィス

 03-3272-7877

月曜~金曜 9:30~18:00/月2回土曜日 9:30~17:00

〒103-0027 東京都中央区日本橋2丁目2-8−7F 東京風月堂日本橋ビル

根管治療

クラウンを入れた後の根管治療はどうするか

クラウンを入れた後の根管治療

虫歯で歯の大部分が失われた時には歯にクラウンと呼ばれるヘルメットのような被せ物をして元の歯の形を再現します。いわゆる差し歯もクラウンになります。完全に覆った後で、歯の根の先に炎症が起きて膿んでしまったりすると困ります。根管治療はとても難しい治療ですのでクラウンを外して治療することが望ましいのですが、時間も費用もかけて治療したクラウンを簡単に壊すのは私たちも患者さんも抵抗があります。そこで、クラウンに小さな穴を開けてそこから根管治療を行うことで、クラウンの再治療をせずに済む方法があります。どの歯でもできるわけではありませんが、一つの選択肢としてご提案しています。今回は画像でご紹介します。

術前

術前の状態です。根管治療をしない希望でクラウンをセットして数年経ちました。歯茎から膿が出てきたことで、根管治療を行うことになりました。黄色の丸の中、根の先に黒いモヤのような影があります。骨が溶けています。患者さんには根管治療がうまくいかない場合はクラウンを外す可能性があることをご了承頂いて開始します。

術中

ラバーダム防湿をして、噛む面に穴を開けています。歯根が手前と奥と2つあるので、2つ穴を開けました。黄色の丸が穴を開けた部分です。ここから針のような道具を入れて顕微鏡を覗きながら根管治療を行います。

術後

術後です。黄色の丸の中、根の先の黒いモヤがほぼ消えています。治癒に向かっていると判断して根の中に材料を充填、噛む面に開けた穴も埋めて治療を完了しました。

適応外の場合もある

クラウンが入っていても、すでに隙間から虫歯がある場合はこの方法では対応しません。クラウンの内側に虫歯がないことが条件になります。また根管治療を行うにあたって穴を大きく広げなければいけない場合はクラウンを外す必要があります。とは言え、せっかく入れたクラウンをそのまま使える選択肢があることは患者さんにとって嬉しいことだと思います、

 

お気軽にご相談ください。

北川デンタルオフィスでは、歯の悩みを抱えている人々が最後にかかる歯医者を目指しております。精度の高い技術と1回の診察に最低60分のそれぞれのお悩みを解決するオーダーメイドの治療プランで満足度の高い治療を行います。


院長の歯科恐怖症への取り組みの動画をアップしました。当院にご来院の方の大半は、歯科恐怖症の方です。

■料金の目安

■初診(60分)
簡易診査、写真撮影(必要に応じてX線撮影)、カウンセリング :15,000円(税別)

■歯科ドック  :25,000円(税別)
■応急処置 :3,000円~(税別)

-根管治療

Copyright© 東京日本橋の歯科医院 |北川デンタルオフィス , 2022 All Rights Reserved.