歯科恐怖症でも安心な東京日本橋の歯医者

歯科恐怖症・完全自由診療歯科の北川デンタルオフィス|医療法人社団雫会

 03-3272-7877

月曜~金曜 9:30~18:00/月2回土曜日 9:30~17:00

かみ合わせ

開咬(オープンバイト)のかみ合わせ調整は削ってはいけないのはなぜか?

投稿日:

北川デンタルオフィスの北川です。今回は、かみ合わせに違和感を感じ、当院に転院なさった40代女性のお話です。

40才女性

奥歯の方でしか噛めません。奥歯の治療をなんどもしているのですが、前歯にどんどん隙間ができてしまい、日によってずれることがあります。

前歯は上と下の歯の間に隙間があって噛めません。唯一かむことができる奥歯の治療をなんどもしているのですが、いつもかみ合わせがしっくり来ないまま治療が終了になるそうです。日によってかみ合わせがズレる感じがあり、歯医者さんに行くと「削ってみようか」で、何度も削られます。

削るたびにどんどんかみ合わせが不安定になっていくのが自分でもわかったそうです。

奥歯を新しく治すことも何度も考えますが、治してもきっとかみ合わせが合わず、何度も削って、結局は今のような状態になるのでは・・・と思うと新しく歯を作ることもためらってしまいます。今まで診てくれた先生には後ろめたさも感じましたが、思い切ってセカンドオピニオンを取ることにしたのが当院にいらっしゃた経緯でした。

当院での診査

かみ合わせはオープンバイト(開咬)と呼ばれるタイプでした。

どのような歯並びなのかはグーグルの画像集でご確認ください。

正常ですと、前歯、奥歯がある程度均等に噛み合っているのですが、オープンバイトは前歯が噛み合わず、完全に隙間が開いています。前歯だけでなく奥歯に小臼歯、大臼歯とあるうち、大臼歯しか噛んでいないことが多く見られます。かみ合わせは前歯と奥歯で役割が違うのですが、奥歯しか噛んでいない場合は、奥歯が前歯の分まで仕事をしなくてはなりませんので、過重負担になりやすく、噛み合わせの違和感が出やすくなります。

オープンバイトの場合は、歯を安易に削ってはいけません。噛み合わせの調整には大きく分けて2つあります。削ることと足すことです。

多くは削ることで対応できるのですが、オープンバイトは元々当たっている場所が少なく、削って良くなるという可能性がほとんどありません。噛み合っている歯が少ない噛み合わせでは、削る噛み合わせの調整は慎重に慎重を期すべきなのです。

奥歯はすでに削り過ぎていました。安定した噛み合わせを作るためには「足す」必要があります。相談の上で奥歯2本を新しく作ることにしました。

ココがポイント

かみ合わせがどんどん悪くなっている場合は、早期にかみ合わせに詳しい歯科医にセカンドオピニオンを依頼することがおすすめです。

治療

治療を行う場合には前歯の分まで仕事をしている噛み合わせを慎重に再現しなければなりません。

今回のように、すでに噛み合わせが失われてしまった場合は、仮歯を使って新しいかみ合わせを調整しながら作っていきます。左右の奥歯で2本ずつ、計4箇所しか噛み合う場所がないため、片方を治療すると、かみ合わせそのものがズレてしまいます。元のかみ合わせが分からなくなったた時は、顎の関節の位置を使って新しいかみ合わせを作ります。

多少の技術が必要ですが、調整が容易で、いつでも同じかみ合わせを再現できますので、治療は滞りなく進みます。

 

顎の関節で決めるかみ合わせで、新しい仮歯を作りました。そして2週間毎に来院してもらい、かみ合わせの角度や当たり方を調整します。仮歯はプラスティックで作ります。仮歯は削ることも足すことも出来ます。数回の調整でほぼ問題のない噛み合わせに至りましたので、この仮歯を参考にして最終的なセラミックの歯を作りました。

「仮歯は仮のものだから噛まないようにする」という患者さんがいらっしぃますが、これは間違いです。仮歯は最終的に作る歯のモデルになるものです。ここで噛まないようにしたら、本来のかみ合わせの調整にはなりません。

神経のある歯であれば、噛んでも痛みがないか、冷たいものや熱いものを食べてもしみないかチェックが必要です。頬を噛んだり、舌を噛んだりするのは歯の形に負うところが大きいです。噛むときも柔らかいものだけでなく、噛み切りにくいお肉やフランスパンなどもチャレンジしてもらいます。

当然、仮歯はそれでも外れたり壊れたりしないように丈夫にしっかりと作らなければなりません。外れてしまうから使わないようにする仮歯であれば噛み合わせのテストは全く出来ないことになってしまいます。

セラミック製の歯は無事にセットされました。噛み合わせの調整も僅かなもので済みました。何十年ぶりにというか、成人して初めて安定した噛み合わせになったとおっしゃっていました。

まとめ

オープンバイトという難しい噛みあわせでも、仮歯を正しく作って、基本に則って噛みあわせを作っていけば満足いただける歯を作ることが可能です。

これは歯医者側だけでなく、患者さんの協力も必要です。仮歯をテストすることは患者さんにしかできません。かと言って噛みあわせに極度に意識を向けてしまうと過剰な感覚になり、これも治療はうまくいきません。

双方共に尊重しながら治療のゴールに向かっていくことが噛みあわせを成功に導く最大のポイントといっても過言ではありません。

かみ合わせに関する記事

噛み合わせが深い事で起こる症状とは?

噛み合わせがズレると起こるかもしれないカラダの不調とは?

お気軽にご相談ください。

北川デンタルオフィスでは、歯の悩みを抱えている人々が最後にかかる歯医者を目指しております。精度の高い技術と1回の診察に最低60分のそれぞれのお悩みを解決するオーダーメイドの治療プランで満足度の高い治療を行います。


院長の歯科恐怖症への取り組みの動画をアップしました。当院にご来院の方の大半は、歯科恐怖症の方です。

■料金の目安

■初診(60分)
簡易診査、写真撮影(必要に応じてX線撮影)、カウンセリング :15,000円(税別)

■歯科ドック  :25,000円(税別)
■応急処置 :3,000円~(税別)

注目のコンテンツ

ホワイト二ングに関する疑問に歯科医の観点から解説を加えました。

日本で最も患っている人が多い歯周病に関して歯科医の観点から解説を加えました。

-かみ合わせ

Copyright© 歯科恐怖症・完全自由診療歯科の北川デンタルオフィス|医療法人社団雫会 , 2018 All Rights Reserved.