歯科恐怖症でも安心な東京日本橋の歯医者さん

東京日本橋の歯科医院 |歯医者が怖い人が通う日本橋の歯医者 北川デンタルオフィス

 03-3272-7877

月曜~金曜 9:30~18:00/月2回土曜日 9:30~17:00

〒103-0027 東京都中央区日本橋2丁目2-8−7F 東京風月堂日本橋ビル

歯周病

歯肉炎とは?

歯周病には大きくわけて歯肉炎と歯周炎に分かれます。歯肉炎はその名の通り歯肉に限局した炎症です。原因を取り除くと元通りに治ります。歯周炎は歯肉炎から進行した病態で歯肉の炎症から歯を支える歯根膜や歯槽骨が破壊されていく病気で基本的に元通りに治ることはありません。

ここでは歯肉炎について臨床でよく見るタイプの歯肉炎の特徴について説明します。

歯肉炎の種類

1.プラーク性歯肉炎

その名の通り、プラーク(歯垢)が原因で起こる歯肉炎です。プラーク(歯垢)は細菌の塊が歯の表面にへばりついている状態です。プラーク中の歯周病原菌が毒素を出すことで歯肉を攻撃します。プラーク(歯垢)が付着して3~4日で歯肉は赤く腫れ始めます。ブラッシングやスケーリング、PMTCなど歯のクリーニングを徹底することで炎症は治まり、プラーク(歯垢)が再び付着しなければ元に戻ります。

2.歯肉増殖
プラーク

(歯垢)が付着して腫れる場合とは異なり、薬物による独特の腫れを認めます。カルシウム拮抗性の降圧剤など長期に亘って内服している薬が原因になっています。

3.壊死性潰瘍性歯肉炎

歯にプラーク(歯垢)が付着した状態で体の抵抗力が著しく低下した場合、歯肉の表面の上皮が壊死、潰瘍をきたします。触れても痛い状態で食事もままならなくなります。

4.月経周期関連歯肉炎、妊娠関連歯肉炎

女性の場合月経や妊娠でホルモンバランスが変わります。プラーク(歯垢)があると容易に炎症を起こして歯肉が腫れて赤くなります。ホルモンバランスが戻るまでなかなか治らないことが多いと云えます。

各々の歯肉炎を治療する際の注意点とは

1プラーク性歯肉炎

最も一般的な歯肉炎であり、治療は原因であるプラーク(歯垢)を取り除くこと、きれいな歯を維持することです。ブラッシング、フロッシング、スケーリング、PMTCによるクリーニングを行います。2週間~4週間あれば元に戻ります。気をつけることはブラシ圧が強すぎれば傷つきますし、弱すぎると歯垢が取れません。生活習慣を変えることはある程度の反復練習が必要です、はじめから上手な人はいません、歯科医師や歯科衛生士と一緒に少しづつ上達を目指しましょう。

2歯肉増殖

薬物による歯肉増殖は薬物を変えなければ治りません。別の薬物が選択出来るのかを内科医に相談します。薬物を変えてしばらくすると歯肉の増殖は治りますが、その間はプラーク(歯垢)が溜まりやすく歯肉炎をおこしやすいので柔らかく毛先が細い歯ブラシを使って丁寧にブラッシングをします。

3壊死性潰瘍性歯肉炎

歯肉表面が壊死しており痛みでブラッシングができません。うがい薬を使うこと、ガーゼなどで歯の表面の汚れを取り、柔らかい歯ブラシで出来る範囲で汚れを取ります。抵抗力が戻れば自然と落ち着いてきますので、栄養と睡眠が不可欠です。4月経周期関連歯肉炎、妊娠関連歯肉炎
ホルモンバランスの変化による部分が大きく、プラーク(歯垢)の除去だけでは落ち着かないことがあります。うがい薬なども併用して清潔な状態を維持すれば時間とともに落ち着きます。

お気軽にご相談ください。

北川デンタルオフィスでは、歯の悩みを抱えている人々が最後にかかる歯医者を目指しております。精度の高い技術と1回の診察に最低60分のそれぞれのお悩みを解決するオーダーメイドの治療プランで満足度の高い治療を行います。


院長の歯科恐怖症への取り組みの動画をアップしました。当院にご来院の方の大半は、歯科恐怖症の方です。

■料金の目安

■初診(60分)
簡易診査、写真撮影(必要に応じてX線撮影)、カウンセリング :15,000円(税別)

■歯科ドック  :25,000円(税別)
■応急処置 :3,000円~(税別)

-歯周病

Copyright© 東京日本橋の歯科医院 |歯医者が怖い人が通う日本橋の歯医者 北川デンタルオフィス , 2019 All Rights Reserved.