歯科恐怖症でも安心な東京日本橋の歯医者さん

東京日本橋の歯科医院 |歯医者が怖い人が通う日本橋の歯医者 北川デンタルオフィス

 03-3272-7877

月曜~金曜 9:30~18:00/月2回土曜日 9:30~17:00

〒103-0027 東京都中央区日本橋2丁目2-8−7F 東京風月堂日本橋ビル

虫歯(歯が痛い)

前歯の裏側が痛い時の応急処置はどのようにすれば良いのか?

前歯の裏側が腫れてお見えになる患者さんが時々いらっしゃいます。

舌も触るし、食べ物もあたりやすいので、気になる場所ですよね。

腫れた時は何が起きているのか、応急処置はどうしたらいいのかを解説しました。歯医者さんにスグに行けないときなど参考にしてください。

外傷

上の前歯の裏側には、切歯乳頭と呼ばれる膨らみがあります。これは切歯管神経の出口で、この辺りの知覚をつかさどる神経です。このため、膨らみとともに、感覚が鋭く感じやすい場所でもあります。

前歯で硬いもの、噛み切りにくいものを食べて、切歯乳頭付近が傷つく事が多く、元から膨らみがあるため、腫れている感じを受けるでしょう。

歯周病

上の前歯は唾液が触れにくいため、食べカスが停滞して、意外と虫歯や歯周病の問題を引き起こす頻度が高いです。上あご側の歯肉は元々厚みがあるため歯肉が痩せる事も少なく、汚れが溜まりやすい場所です。

表側はブラシが当てやすいのですが、裏側は歯ブラシの毛先を歯と歯茎の隙間に入れ難く、歯垢が取れにくいのです。

喫煙者

噛み合わせの問題

前歯の噛み込みが深い噛み合わせの場合は下の前歯が上の前歯の裏の歯茎に噛み込む、もしくは直接噛み込んでいなくても、ものを噛むと食べ物が歯茎に直接ぶつかりますので、傷が付きやすい状態になっています。

通常は奥歯で噛み合わせると、上の前歯が下の前歯に被さるようになっています。

下の前歯が半分以下しか見えない場合は噛み込みが深めです。ほとんど見えない場合は下の前歯が上の歯茎に噛み込んでいる可能性があります。

火傷

上あご、前歯の裏は熱いものを食べた時に最初に触れる部分でもあり、火傷の好発部位です。

火傷の跡は粘膜がただれたり、化膿して口内炎になったりします。

歯茎から、上あごにかけて腫れる事が多いです。

口内炎や腫れた歯茎にも、前歯で噛めば必ず食べ物が当たりますので痛みを避ける事が難しいでしょう

応急処置

硬めの食べ物はなるべく当たらないように小さく切って奥歯で食べます。

うがい薬を1日4~6回程度行って清潔に保ちます。

歯ブラシは腫れた歯茎にはなるべく当たらないようにします。

ただし、歯に歯垢が付いたままですと歯肉が腫れる原因になりますので、先の細い柔らかいブラシか、他を磨いて柔らかくなった歯ブラシで汚れをそっと取ります。

歯ブラシの先(つま先)や根元(かかと)を使うと前歯の裏側の歯と歯茎の隙間は磨きやすいです。
うがい薬を薄めずに歯ブラシや小さなブラシ(タフトブラシ)歯間ブラシ、などに付けて洗うと効果的です。

痛みや腫れが強い、ブラシを当てられない場合は、口内炎の薬を塗るのも効果があります。唾液で濡れていると軟膏は付かないので、少し口を開けて1〜2分ほど口で呼吸をすると、粘膜が乾きます。指の先か綿棒の先などでほんの少しを塗ります。たくさん塗る必要はありません。

まとめ

前歯の裏側の歯茎が腫れる原因は様々ですが、繰り返す場合、痛み腫れが続く場合は治療が必要です。何もなくても年に2〜3回のチェックやクリーニングを受けて口内を良い状態に保ちましょう。

お気軽にご相談ください。

北川デンタルオフィスでは、歯の悩みを抱えている人々が最後にかかる歯医者を目指しております。精度の高い技術と1回の診察に最低60分のそれぞれのお悩みを解決するオーダーメイドの治療プランで満足度の高い治療を行います。


院長の歯科恐怖症への取り組みの動画をアップしました。当院にご来院の方の大半は、歯科恐怖症の方です。

■料金の目安

■初診(60分)
簡易診査、写真撮影(必要に応じてX線撮影)、カウンセリング :15,000円(税別)

■歯科ドック  :25,000円(税別)
■応急処置 :3,000円~(税別)

-虫歯(歯が痛い)

Copyright© 東京日本橋の歯科医院 |歯医者が怖い人が通う日本橋の歯医者 北川デンタルオフィス , 2019 All Rights Reserved.